総量規制対象外のカードローンもあります。

どんな事でも、身の丈に合ったものという物があります。
この身の丈に合わないことをすると、そのお返しにしっぺ返しのようなものを食らってしまうこともあります。
たとえば、身の丈にあっていないような車に乗っているなら、ガソリン代で苦しむことになる事もあります。

これは借金でも同じです。
返済の能力がないにもかかわらず借金を続けるならその人の生活は壊れてしまうでしょうし、返済することができないために債権者にも被害が及びます。
ですから、身の丈に合った借金の金額をするということはとても大切なことです。
これを実現したのが、総量規制という法律になります。
年収の三分の一を超えるような金額を借りることができないという規制になります。
この規制は基本的には消費者金融などに当てはまります。

しかし、この規制が当てはまらないのが、銀行系のカードローン、つまり総量規制対象外のカードローンになります。
本当に必要であるのであれば、こうした銀行のカードローンを組むことはできます。
しかし、借りる前に再度、本当に借金をしなければいけないのかを確認するようにしましょう。